防水工事 三島市 T医院様

今回の工事は、三島市のT医院様のベランダ防水工事です。

 

皆さんも記憶に新しいと思いますが、今年の台風はすごい集中豪雨でしたね。

その時に、T医院の玄関部分でかなり雨漏りしました。

 

私も、その日、道路が水に浸かって会社に行けない状態でした。

そのくらいの集中豪雨だったんです。

 

そして、その時、電話が鳴りました。

電話にでると「T医院が雨漏りしているので、現場を確認してください」という依頼でした。

 

現場を確認するとかなりの量の雨漏りが・・・

そんな経緯で、今回の工事となったわけです。

 

現場が病院のベランダということで、工期短縮の為、ポリマーセメント系塗布防水を

選択しました。

材料検収(1回目)

防水材料

この防水材は、完全乾燥していなくても施工できるので、工期のない工事はうってつけです。

 

防水工事施工前の状況です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

既存の防水の種類はわかりませんが、表面は保護モルタルです。

 

まず最初に、下地調整としてモルタルを薄塗りします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、

プライマー、下塗り、補強布、中塗り、上塗りと進んでいきます。

こちらは、補強布の上に中塗りをしているところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして、養生の後に上塗りの工程です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

工程数は多いですが、養生期間が少なくて良いので、全体の工程を抑えられるのがメリットです。

上塗りが終われば一安心です。

これで、多少雨が降っても大丈夫です。防水工事は今のような雨の少ない時期が一番です。

以前に、工期の都合で梅雨時期に防水施工したことがありましたが、工程の管理や施工の管理が大変でした。それ以来 梅雨時期の防水工事はやったことがありません。

仕上がりの品質にもかなり影響しますからね。

 

そして、この後、トップコートを塗布して完成です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このような感じで仕上がりました。

T医院様、ありがとうございました。

 

防水工事は、確かな技術で丁寧な施工をすることが非常に重要です。

メーカーの指定している塗布量養生期間をしっかりと守って施工しないと本来の性能を発揮できないということになってしまいます。

 

塗装工事も同じですが、防水工事もそういった施工をしっかりと管理できる業者に工事を依頼することが大切です。

 

当社では、1級建築施工管理技士などの有資格者が、しっかりと現場管理いたしますので、安心して工事をお任せください。

 

沼津・三島・伊豆の国市等の県東部で新築・増改築・リフォーム等をお考えの皆様。

株式会社クラフトは、地域で一番安心・地域最安値の施工店を目指しています。

どうぞお気軽に、お問い合わせください。

浴室改修工事 伊豆の国市 K邸

今回の工事は、伊豆の国市のK様の浴室改修工事です。

木造在来工法の石造りの浴槽から漏水しているということで、メンテナンスの楽なLIXILの洋風バスへの変更及び腰下石張り部分をタイル張りに変更。

冬季の入浴時に足が冷たいのを解消したいということで、床のタイルは、サーモタイルを採用しています。

サーモタイル説明図

 

当初、石張りの浴槽の防水が切れて漏水しているということで、今回の工事となりましたが、浴槽に水を張っていなくても漏水しているところから、給水管からの漏水が予想されました。

 

このように、常に漏水して濡れている状態は、まず間違いなく給水か給湯から漏れています。

 

今回の工事で浴槽を壊して下地の状態にしても、漏水が止まりませんでした。やはり、給水です。しかし厄介なことに漏水箇所が特定できません。給水給湯管共に隣の脱衣室の床下から飛び込んでいたので、土間配管の部分は捨てて新規に外から露出で配管することにしました。

 

ところが、床下からの飛込み部分を止水したにもかかわらず浴室の給水給湯共に止まりません。なんと別経路から来ていたのです。悪いことに土間コンクリートの中に・・・

止水した部分は、既に使用していない部分でした。(もともと別に水栓があったそうです。)

 

漏水を止めないことには工事が進まない為、工事予定を変更し土間コンクリートの解体です。

土間解体中

斫り出して給水給湯管を追っかけていくと給水管(HIVP)の継手(エルボ)部分が仮挿し状態(接着剤の付け忘れ)でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土間の中にあったので、完全には抜けずに少しずつ漏れていたというのが今回の真相でした。

 

早速、配管を復旧!!

土間配管

 

そして左官工事に進んでいきます。

防水下地モルタル

 

そして、ポリマーセメント型防水工事

ポリマーセメント型防水

住んでいるところの防水は養生期間を極力少なくする意味から、この防水を選定!

 

後の工事は、順調に進んで予定日より2日遅れで完成しました。

完成

K様、ありがとうございました。